民主党参議院議員 前川きよしげ

home

profile

活動報告

国会レポート

国会議事録

イベント

支える会

リンク

 

前川きよしげ事務所
〒630-8013
奈良市三条大路1丁目1番90号
奈良セントラルビルディング203号室
TEL. 0742-32-3366 FAX.0742-32-3377

Mai. lmaekawa@maekawa-kiyoshige.net

国会事務所
〒100-8962
東京都千代田区永田町2丁目1番1号
参議院議員会館1205号室
TEL.03-6550-1205
FAX.03-6551-1205

議員献金

インターネット中継

メールマガジン

新着情報

活動報告更新しました

11月1日 全国財務局長会議ほか

10月29日 第181回臨時国会

国会議事録更新しました

12月7日 憲法審査会・自由発言

8月10日 消費者問題特別委員会・準総括質疑

 
前川きよしげ新着情報

 

法と、正義が社会の隅々にまで行き渡った、公正な社会を築くために

前川きよしげの活動実績

サラ金の金利引き下げの「公約」実現しました!

 2004年7月の参議院選挙において、私、前川きよしげは「生活者、消費者を守る法律をつくりたい」とお約束しました。そして、まずその第一歩として「サラ金やクレジットカードの高金利を引き下げなければならない」と訴えました。
 当選後も、2004年11月の代表質問をはじめ予算委員会や法務委員会で訴え続け、民主党プロジェクトチームの事務局長として、高金利引き下げの先頭に立ち続け、2006年12月、金利引き下げの法改正を実現しました。
 前川きよしげは、金利引き下げの意義について次の通り訴えています。 
 何故、サラ金の金利を引き下げなければならないか。
 世の中には、お気の毒な立場の方がたくさんいらっしゃいます。病気や、不慮の事故等、人間の力ではどうしようもないこともありますが、政治の力で、法律を変えれば救われる立場の方々もたくさんいらっしゃいます。私は、国会に送って頂くまで15年間の弁護士活動を通じて、その典型が、高利貸しに苦しむ消費者の皆さんだと確信しました。高利貸しの金利を引き下げれば、必ず、世の中から不幸の種は減ります。

年金制度の抜本改革のために、議員年金の廃止

 国会議員だけが、特権的で、優遇された「議員年金」の上に「あぐら」をかいていたならば、年金を頼りに暮らす高齢者の痛みを実感として理解することができません。それ故に、2004年7月の参議院選挙で初当選した民主党参議院議員27名が中心となり「改革推進新人議員懇談会」を立ち上げ、前川きよしげが会長に就任しました。その仲間とともに「議員年金の廃止」を訴え続け、2006年2月、議員年金は廃止されました。

最大の人権侵害である冤罪を根絶するために

 警察署、検察庁における密室での取り調べが、ウソの自白を強要し、冤罪を生み出す温床となっていることは、免田事件をはじめとする4件の確定死刑囚再審無罪事件、最近でも志布志事件や、氷見事件、足利事件によって明らかになりました。それ故に、世界の潮流となっている取り調べ状況の録画、録音(可視化)を実現するために、2007年12月、2009年4月と2度にわたり、刑事訴訟法の改正案を提出し、法務委員会での審議ではその答弁者を務めました。

民主党・政策調査会副会長として

 2006年9月から2007年9月まで民主党・政策調査会副会長として、「法務」と「国土交通」分野を担当しました。2007年7月の参議院選挙におけるマニフェスト、政策インデックスの作成にも携わりました。

民主党・副幹事長

 2007年9月から2009年9月まで2年間、副幹事長として、鳩山由紀夫幹事長(当時)を支えました。